読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かもメモ

自分の落ちた落とし穴に何度も落ちる人のメモ帳

Node.js nvmからnodebrewに乗り換えるぞい!

node.js nvm nodebrew Homebrew

Node.jsのバージョンをv6.9.2に上げるにあたって、npmでグローバルにインストールしたパッケージを移行できるコマンドがあるということだったので、Node.jsのバージョン管理をnvmからnodebrewに乗り換えるました。npmのパッケージ結構容量を取るので...

nvmをアンイントールする

$ npm cache clean
$ rm -rf $NVM_DIR ~/.npm ~/.bower

~/.bashrc~/.bash_profileに書かれているnvm関連のパスを削除

# 下記の記述を削除
source ~/.nvm/nvm.sh
npm_dir=${NVM_PATH}_modules
export NODE_PATH=$npm_dir

homebrewでインストールしたnodeを削除

かなり昔にhomebrewでインストールしたnodeが残っていたので、これもアンインストールしてしまいます。

npmを削除

$ npm cache clean
$ cd /usr/local/lib
$ sudo npm uninstall npm
$ rm -rf /usr/local/bin/npm

homebrewでインストールされているnode.jsを削除

$ sudo brew uninstall node

~/.bashrc~/.bash_profileに書かれているhomebrewのnpmのパスを削除

# 下記の記述を削除
export PATH="/usr/local/share/npm/bin:$PATH"

nodebrewをインストール

1. インストール

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

2. nodebrewのパスを追加
~/.bashrc~/.zshrcに下記を記述して保存する

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

3. 追加したパスを反映

$ source ~/.bashrc

nodebrewでNode.jsをインストール

nodebrewの0.6.0をリリースしました。install-binaryというコマンドを追加しまして、コンパイル済みのバイナリからインストールできるようにしました。
nodebrewでバイナリからインストールできるようにした

install-binaryコマンドでコンパイル済みのnodeをダウンロードします。

$ nodebrew install-binary v6.9.2

※ 通常のinstallコマンドでインストールすると、ダウンロードしてからコンパイルするので少し時間がかかってしまいます。

$ nodebrew install v6.9.2

使用するNode.jsのバージョンとデフォルトのバージョンを指定

# 使用するバージョン
$ nodebrew use v6.9.2
# デフォルトで使用するバージョン
$ nodebrew alias default v6.9.2

インストールの確認

別途ターミナルを起動して、nodeのバージョンを確認

$ node -v
v6.9.2

指定したバージョンが表示されていればOK。
別のバージョンが表示される場合は、nodebrewのパスが通ってなかったり、他のnodeのパスなどが残っている可能性が高いので$ which nodeでnodeのパスを調べたり、~/.bashrc~/.bash_profileの記述を再チェックしてみると良いと思います。

globalにインストールしたnpmのパッケージの移行

nodebrewではmigrate-package <version>コマンドで<version>のglobalにインストールされたパッケージの移行ができる。

# Install global NPM packages contained in <version> to current version
$ nodebrew migrate-package <version>

<version>は移行元を指定する。

ex: v5.9.0 にインストールしたパッケージを現在のバージョンに移行する場合

$ nodebrew migrate-package v5.9.0

[参考]